コラム

column

仮設電気工事の必要性と施工の流れ

こんにちは!株式会社長谷川電気です!
弊社は昭和57年に創業し、拠点を置く埼玉県さいたま市や埼玉県内、近郊地域で、工場・集合住宅・テナント・住宅などさまざまな建物を対象に、一般電気設備工事やugs設置工事、空調設備工事を手掛けてまいりました。
今回は仮設電気工事の必要性と施工の流れについて、簡単にご紹介いたします。
仮設電気工事ってどんなときに必要なのだろうかと気になっていた方は、ぜひご覧くださいね。

仮設電気工事はどんなときに必要?

電気工事中の様子
仮設電気工事は、まだ電力が引き込まれていない土木・建築工事の現場などで必要とされています。
というのも、電力はまだ建物が完成していなくても、工事を行う際に工具を使用するなど、さまざまな理由で必要です。
工事現場では大型クレーンの使用や、現場の状態を確認するための照明設備、電動工具などの充電、プレハブ内の電気や、搬送用のエレベーターなどで使用されています。
いずれも電力が引き込まれていないと、作業が滞ってしまうでしょう。
そのため円滑に工事を進めていくためにも、仮設電気工事はかなり重要な役割を担っているといえます。

仮設電気工事の流れ

仮設電気工事が必要になったら、まずは現地調査を実施し、電力会社にも電力引き込みの申請を行います。
電力会社から許可をもらったら仮設電気設備の設計を開始するのですが、このときに効率のよい配置などをじっくりと考えます。
設計図が完成したら設置工事を開始して、最終段階では電気が問題なく使用できるかのチェックを行い、一旦工事は完了です。
その後、土木・建築工事が終わるタイミングで仮設電気設備も撤去しなくてはならないので、あらためて引き上げ作業を行います。

仮設電気工事のご依頼もお気軽に!

パソコンとコーヒー
仮設電気工事の必要性と施工の流れを簡単にご紹介いたしましたが、このような工事が必要な場合もぜひ長谷川電気までご相談ください!
どのような現場でも作業を効率化できるような仮設電気工事を、迅速に行わせていただきます。

業務拡大に悩む電気工事業者様へ

業務拡大に悩む電気工事業者様がいらっしゃいましたら、弊社の協力会社様としてさまざまな工事に挑戦してみませんか?
一般電気工作物の工事や高圧受電設備の工事など、業務内容は多岐にわたりますので、興味がございましたらぜひご連絡をお待ちしておりますね。
それでは最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。